レッスン楽器


上部フレーム

八王子みなみ野七国のピアノレッスン 音楽教室クレッシェ


ブログ

もう春ですね

投稿日:2011-02-27

二週間ぶりのブログです。

すっかり春らしい日も増え、花粉も増えましたねSealed

先々週と先週はピアノのレッスン以外にソルフェージュをテーマに勉強しました。ピアノに録音しておいたメロディーを聴いて、リズムや音を書き取る練習をしました。

難しかったようですがみんな頑張ってましたSmile音大生のSさんが見学(実際にはソルフェージュの補助をたくさん手伝ってくれました)にもきていました。

話は変わりますが、中学生を中心に発表会のソロの曲の練習がはじまりました!小学生の皆さんもお楽しみにね。

ところで今日J君の入賞者コンサートがありました。おめでとう、そしてお疲れ様!

さあいよいよ三月、今週もがんばりましょう!

寒いですね・・

投稿日:2011-02-12

今年になってはじめての雪らしい雪。我が家のどれみ三兄弟たちも大喜びでした。

「早く外であそびたい〜!!」

「練習おわってから!」

「え〜!」ぶつぶついいながらも必死に課題をこなすゆう兄とみい姉。二歳のひい坊も人生初の雪遊びに大興奮でしたLaughing

話は変わり、きがつけばもうすぐ卒業の季節。伴奏も花盛りです。六年生のEさん、中学生のSさん、Yさん、教室卒業生のMさんも伴奏するそうです。頑張って!

最近ピアノ以外に主に自習のかたちでいろいろな課題を行っています。先々週と先週はセオリー(楽典など)でした。テキストを持ち合わせていないひとには、

特別メニューの課題を行ってもらいました。さあ、今週の課題は何にしようかな・・Smile

ところで、先日教室に、じゃーん!!「練習記録ノート」をつくりました。

毎日の記録は忘れてきてしまう人が多いので、新たに考えました。少しでもたくさんでも練習した日はひとマスマークします。

こののーとはあえてオープンにして閲覧できるようにしました。いい意味で切磋琢磨してほしいので・・。

ピアノは練習もレッスンも個人的なものなので、仲間からの刺激はなかなか受けにくいですよね。少しでも励みになるノートになればと思います。

なかなか練習習慣がつかないひとも、5分や10分からはじめてみよう。ひとマスでも多くぬれるように頑張って!!

なるべくピアノのふたをあけておいたり、楽譜をひらいておいたり・・とおったついでに練習できるような方法もいいとおもいます。ご家族の方ご協力お願いいたします。

ちなみに我が家は学校に行く前の朝練と寝る前の夜練ですが、声かけしなければ彼らは動きませんYellほんとに毎日って大変こと、がんばりましょうね。

さて、今週月曜日火曜日とある時間だけですが、音大生のSさんがレッスンの見学にきます。授業に関わることなのでご協力くださいね。もちろんレッスンはいつもどうりです。

最後に最近のニュース。

Yさんが高校に合格してレッスンに復帰しました。おめでとう!!

Jくんはもうすぐ出演予定のコンサートのため家でもレッスンでも猛特訓中。あと少し、頑張ってね!!

雪で潤ったけど、まだまだインフルエンザもはやっていて心配・・教室休講などなりませんように・・ひたすら祈る私ですSealed

寒さに負けず、がんばりましょうねWink

出会い

投稿日:2011-02-05

ピアノ指導をはじめて間もないころ、さまざまな講座に参加していました。あるとき、バスティン・メソードの指導法で有名な藤原亜津子先生の講座に参加しました。雑誌でも読んだことがありとても楽しみでした。もとはアメリカの教材です。実際講座を受け大きな衝撃をうけました。導入での五線を使わないプレリーディング、脱力についてなどなどか

みくだかれたわかりやすいテキスト、指導法に圧倒されました。その後、藤原先生の実際のレッスンを見学させていただけるツアー(茨城県龍ヶ崎市)に参加したり、大阪の一泊二日バスティン集中講座にも参加しました。大阪の先生は皆パワフルで明るく、フレンドリーで圧倒されつつもとても楽しかったです。結婚・出産後も巣鴨の夏季集中講座に何度か参加しました。そのたびにいろいろな出会い、得るものがありました。

さすがに子供が生まれてからはなかなか講座も参加できませんが・・・。そんなとき「そうだ、子供を通して学びたい!」と思い(講座を受けた後で私のテンションも高かったのかもしれませんが!?)もちろんバスティンのテキストを使っている先生です。長男六ヶ月をおんぶし、長女二歳九ヶ月のてをひき、電車で20分ほどのレッスンに通いはじめました。それから丸六年経ち、オムツだった長女はバッハを弾き、ミルクを飲んでいた長男も昨年かお世話になっています。そして偶然ですが、私自身子供のころその近くまでレッスンに通っていました。まさか自分の子供と将来この道を歩くとは夢にも思わず・・!

今年は末っ子の次男も入園するので、何か講座に参加できるかも・・!とワクワクしています。

それまでは複数の月刊誌を読んだり、インターネットを見たりして常に最新の指導法をキャッチできるようにアンテナをはっておかなくては・・。

レッスンに還元できるようにもっともっとがんばらなくっちゃ!!

    下部フレーム