レッスン楽器


上部フレーム

メレイピアノ音楽教室


ごあいさつ

尾嶋美千子

尾嶋美千子

はじめまして。
メレイピアノ音楽教室の尾嶋美千子です。
私はこれまでに出会った素晴らしい先生方から、ピアノを通じてたくさんのことを教えてもらいました。なかでも、ピーター・コラッジオ先生の美しいピアノの音色とわかりやすく的確な指導方法に深く感銘を受け、私の人生は大きく変わりました。
今度は、私がこれまでに教わったたくさんのことを皆さんに伝え、共有していく番です。
子供も、大人も、趣味で始めたい人も、専門的に学びたい人も、音楽を心から楽しみ、人間的にも成長していけるように、できる限りのことをサポートしていきたいと思っています。
小さいお子様には、まずピアノを好きになってもらうために、ピアノの楽しさや面白さをたくさん体感してもらいます。
自分がイメージする美しい音を出すために、どう指を動かせばいいか、どうペダルを踏めばいいか、何を勉強すればいいか、一緒に考えながら、よりよい方向へ導いていきます。
音が変化していくこと、自分自身が成長していくこと、その喜びと感動をたくさんの人に感じてほしいから、私は自分が持っているすべてのノウハウやスキルを提供していきたいと思います。
長く続けていけばいくほど、ピアノは皆さんにたくさんのプレゼントを与え、人生をより豊かにしてくれます。
「ピアノを始めたい」「もっと美しい音を出したい」「もっと成長したい」そんな気持ちを大切に、新しいステージへの一歩を踏み出してみませんか?


私が推薦します

尾嶋先生!!
尾嶋先生と出会ったのは上の娘が年中の時でした。かれこれ9年目の付き合いです。「スラーが上手だね」とほめられて全然ピアノに無知な私もホントだ!!って親バカになったのを思い出します。先生はいい所をのばしてくれる。その子にあった教え方をしてくれると感じます。今では下の娘もお世話になってます。性格も全然違う2人ですが先生は早くに長所と短所を見抜いてくれました。だからそれにあった教え方ができるんだと思います。先生のすごい所はいろんな事に例えられることです。子供の目線で発想させたり想像させたり感心させられます。今まで辞めたいと言った事のない娘達。感受性だったりそれを伝える力だったり教え方が2人には合っているんだと思います。最近娘の弾き方を見ていたら先生が音にのっている時の姿に似ていると感じました。恐れ多いですが……なんだか嬉しく思えました。これから先の事はわかりませんがピアノを弾く楽しみを教えて下さった先生に深く感謝します。
中学2年生女の子と小学校4年生の女の子のお母様
僕が変わったこと
僕はこのピアノ教室を習うようになってから変わったことがあります。
それは音楽に対する気持ちの変化です。これまでは特に関心もなく接して来た音楽でしたが尾嶋先生のレッスンを受けるようになってから自分の中で自然と音楽を楽しむようになっていきました。またピアノは尾嶋先生の分かりやすく、1つ1つ丁寧で優しいご指導のおかげで自分が少しづつ上達しているんじゃないかと実感することもあります。それに僕が小学校の卒業で歌の伴奏をしようかと悩んでいる時には「私が責任をもって弾けるようにしてあげるから」といってあと押しして下さりそのおかげで本番でも上手く弾くことができました。このことが自信となって今度の中学校の合唱コンクールでも伴奏をしてみようかと考えています。このようにピアノを習っていないとできなかったことや分からなかったことができるようになったりと習っていないと実感できないこともあります。
これからもできるかぎり一生懸命がんばりたいと思います。
中学2年生 男子
自分の音を目指して
何度も挫折を繰り返しても、ピアノを辞めることが出来なかった自分の本心には、先生のように聴いている人を引き込む魅力ある演奏をしたいと考えていたからだと思います。レッスンは楽譜から読み取れる形式や音のイメージを身近な例を用いて詳しく習い、指導前と指導後を弾き比べ、自分がこうしたい・こうなりたいという音を目指していきます。他にも管楽器とアンサンブル・連弾・発表会があり、伴奏の大切さや呼吸を合わせて音楽を造り上げる楽しさを学び、コンクールなど場を踏む機会が多くあります。私はアンサンブルを習った当初から興味を持ち、伴奏が好きになりました。メインの演奏者を引き立たせる伴奏者になりたいです。先生の音に近付くにはまだまだ至らない点が多くありますが、いつかは人を感動させることの出来る演奏をしたいです。
高校3年生 女子
娘とピアノ
 娘が4歳になった頃「ピアノを弾けるようになりたい」と自分から興味を持ちはじめたのがきっかけで、ピアノ教室を探しはじめました。当初はどんな先生にどんなレッスンをお願いしたら良いのか戸惑いながら、いくつか他の教室も見学に行っていましたが、尾嶋先生の体験レッスンに伺った際、娘の個性を大事にしながらレッスンを進めてくださる姿に娘も私も迷わず「この先生に教えていただきたい」と決めたのを覚えています。
 尾嶋先生は子どもに優しすぎることも厳しすぎることもなく、娘を一人のピアニストとして接してくださるので、少し背伸びをしたい年頃の娘にとっては居心地が良いようです。家での練習の成果を先生に褒めてもらえるのを楽しみにしながらレッスンに通っています。一方で、気分が乗らない日や集中できない日があってもその時々の調子に寄り添ってくださるので、無理なく通うことができています。
 もうすぐピアノをはじめてちょうど1年になります。尾嶋先生のお陰で娘はピアノを弾くのが大好きになり、毎日コツコツ練習を続けられています。そしてピアノを毎日頑張って弾いていることが、もともと引っ込み思案で恥ずかしがり屋な娘が他人に負けないと思える自信になってきているようです。練習するのに親のサポートが必要なことも多いですが、娘がピアノを弾く時間は、私にとっても娘と向かい合い成長を実感できる貴重な時間になっています。
 娘の最初のピアノとの出会いの場が、尾嶋先生の教室で良かったと思っています。これからも成長する時期があれば伸び悩む時期もあるとは思いますが、今後の娘の成長を楽しみにしたいと思います。
幼稚園 年長 女の子のお母様

下部フレーム