レッスン楽器


上部フレーム

高野早苗音楽教室


ごあいさつ

高野 早苗

高野 早苗

インタビュー

無理なく、楽しく、確実にピアノが弾けるようになるため、
教室ではバスティン・メソードを取り入れて、レッスンを進めています。
バスティン・メソードは、ピアノの演奏技術だけでなく、楽典や聴音が連動し、音楽のあらゆる分野がバランスよく身につく学習法です。
自分で楽譜を読んで弾き、音楽について考え、年齢に応じたクラシックの名曲に幼い頃から触れることで、生涯を通じて、音楽に親しむことができます。
バスティン先生の教育理念、「音楽を愛し、音楽を一生の友としていかれるようになってほしい」。
その一翼を担うことができれば幸せです。


私が推薦します

充実したレッスンと魅力的な先生で、ぐんぐん上達!
私は6歳から22歳までの16年間、高野先生のレッスンに通っていました。習い始めた当初から、レッスン内容はピアノだけでなく、歌・リズムの練習・聴音・楽典など1回のレッスンがとても充実していました。様々な方向から音楽を学ぶ事が出来て毎回楽しいレッスンでした。先生は使用する教本にもこだわっておられ、同じ楽典を学ぶのでも、いつも多くの教本から一番良いものを選んでくださいました。
先生の人柄はとても明るく、いつもパワフルで、私たち生徒も元気をいただいています。経験豊かで魅力的な高野先生のレッスンは、ピアノや声楽の技能だけでなく、物事の考え方や音楽に対する姿勢など学ぶ所が多いと思います。私自身、信頼できる先生、充実したレッスン、そして、やはり素敵な先生の人柄でピアノを長く続けられたのだと思います。
皆さん高野先生の教室で、楽しく長く音楽を学んで下さいね。
M.Tさん
先生みたいにピアノが上手になりたいです。
ピアノのレッスンは大好きだし、家でも毎日練習しています。発表会のときも、前を見ると緊張するけど、ピアノを弾くのは楽しいです。学校の音楽のときにもみんなから「上手だね」って言われます。先生はやさしくて面白いです。ときどきお行儀が悪いと、先生から「レディはそんなことしちゃいけません」って注意されることもあります。早く先生みたいになって、ピアノを上手に弾きけるようになりたいです。
R.Hちゃん(小学2年生)
レッスンの日はいつもイキイキとして楽しそうです。
5歳くらいから習わせていますが、レッスンの後はいつもイキイキとした表情で楽しそうに帰ってきます。最近では学校の先生や友達からも褒められることが多く、本人も自信がついてきているようです。
先生は、きちんと基礎を身に付けさせながら子供のいいところを引き出してくれ、自分も子供時代にこんな先生に習っていたらよかったなと思うほど教え方が上手です。身だしなみや礼儀、女性としての立ち居振る舞いなどもきちんと教えてくれるので、親としても助かります。見た目も美しく、いつも笑顔で、「先生についていこう」と思わせる魅力があり、その人間性がきっと子供にも伝わっているのではないでしょうか。
コーチングのノートを取り入れるようになってからは、ノートに記入するのが楽しみなようで、練習も進んでするようになりました。進路についてもいろいろと情報交換できるのでありがたく、将来の方向性を一緒に整理しながら進んでいけるので、非常に信頼しています。
R.Hちゃんのお母さん
部活との両立も大学合格も叶えられました。
先生は厳しいときは厳しく、やさしいときはやさしい、サバサバとした性格です。よくできたときには褒めてくれるし、できなかったときには「ここはできたけど、ここはこうしたほうがいい」とアドバイスしてくれるので、上達しているという意識を持ちながらレッスンすることができました。時間を守ることや連絡することなどの社会人としての基礎も教わることも多かったです。
小学校3年生からピアノをはじめ、中学、高校とバドミントン部でしたが、先生は「練習さえちゃんとすれば部活をやることは悪くない」と、部活との両立も理解してくれました。高校2年のときに教育大学の音楽専修に進むことを決めたときも背中を押してくれ、受験のためのいいレッスンが受けられるようにサポートしてくれました。
“音楽=楽しむ”というイメージがありますが、最大限に音楽を楽しむためには、曲の時代背景や作曲者の思いなどをよく理解し、自分で細かいところまで考えて練習することが大切だということを教えてくれたのも先生です。
自分にとってピアノはとてもかけがえのない存在です。現在大学でより深くピアノについて勉強していますが、ここまでこられたのも先生のおかげだと、心から感謝しています。
N.Uさん(埼玉大学教育学部音楽専修2年)
やりたい気持ちがあるのに始めないのはもったいない!
3歳から小学校6年生くらいまで別の音楽教室で習っていましたが、社会人になってまたピアノをやり直したいと思い、高野先生にお世話になっています。
先生について10年弱になりますが、仕事が忙しいときなどには練習もなかなかできず、レッスンも3週間に1回に減ってしまうときもあります。そんなときでも先生が「とにかく息を長く続けることが大事よ」と励ましてくれ、自分がやりたい曲を楽しんで弾けるように導いてくれました。
普段から一流の演奏を聴くことや音楽の時代背景を知ることが大事だということも教わりました。最近は会社の仲間と音楽会を開く機会もあり、ピアノソロだけではなく、アンサンブルで音楽を楽しむという世界を広げてくださったのも先生です。
大人になると仕事や家庭の事情でピアノを続けることが困難になることもあると思いますが、先生のように良い先生のサポートがあれば、自分のペースで音楽を楽しむことは難しいことじゃないと思います。少しでもやりたいという気持ちがあるなら、大人になってからでも、ぜひ気軽な気持ちではじめてみてほしいです。
E.Yさん(会社員)

下部フレーム