レッスン楽器


上部フレーム

横尾恭子ピアノ教室


ごあいさつ

横尾恭子

横尾恭子

インタビュー

教室HPをご覧いただきありがとうございます。
皆さん、ピアノを始める適齢期って、一体いつだと思いますか?
「弾けるようになりたい!」
そう思ったときがピアノ適齢期です。
3歳でも、80歳でもOK。求人広告のように、“〜才以下の方まで”という制限はありません。
ピアノが弾けたら…という夢は必ず手が届く、叶えることができる夢なのです。
当教室には、小さなお子様から、人生経験豊かな77歳の方まで、幅広い年齢の生徒さんたちが通っています。そして比較的早い段階からJポップやポピュラー等を積極的に取り入れ、ジャンルにこだわらないレッスンを行っています。
人は思い出だけでは生きられませんが、思い出がなくては生きられないもの。時間が過ぎたときに、「あの曲を弾いた頃の自分」も併せて思い出せるように一回一回のレッスンを大切にしています。
生徒さんとの出会いも、何かのご縁です。
一緒に、音楽を聴く楽しさに音楽を奏でる喜びをプラスしてみませんか?
お問い合わせを心よりお待ちしております。


私が推薦します

音楽の楽しさを教えてくれます
「お疲れさま」と部活帰りで疲れている私を、先生は笑顔で迎えてくださいます。玄関やレッスン室に飾ってある素敵な絵や季節にあった置物も私を和ませてくれます。先生は本当にピアノが大好きで、私は先生の表現力豊かで美しいピアノの音にいつも憧れています。
レッスンでは時間の使い方や努力の大切さも教えてくださいます。そんな先生と出会い、ピアノが大好きになりました。また音楽の楽しさに気付けたことに感謝しています。
藤尾直子さん(高校2年生)
引っ込み思案な百花がピアノの先生になりたいという夢を持つことができたのは、恭子先生との出会いがあったからこそです
娘が使用した楽譜は分かりやすく色分けされた恭子先生の書き込みで溢れています。注意点だけでなく、曲に合わせての作詞や「山頂にやっと辿り着いて息切れしている感じ」など豊かな表現力で具体的にイメージを膨らませる書き込み。厳しさの中にも褒めて伸ばすレッスンは、ピアノを楽しみながらやる気と感性を充分に引き出して下さり、娘に将来の夢だけでなく大きな自信を与えてくださったと感謝しています。
池田百花ちゃん(小学5年生)とお母様
ピアノを弾くのって楽しいですね♪♪♪ 夢?・・・弾き語りが出来るようになりたい!
横尾先生は、気配りがとても細やかで、優しく分かりやすい指導をしてくださいます。
私の場合は年が年ですので基礎練習を少なめにし、ポピュラーやクラシックの易しい曲も弾けるよう指導して頂いています。 
ときには、先生のピアノに併せて唄うなど、レッスンは楽しく、自宅での練習にも、熱が入ります。 良き指導者に恵まれて、今ではピアノに向かうのが楽しい毎日です。レッスンを受けて良かった!と感謝しています。
中村克己さん(門下生 77歳)
栄養となる特別なもの〜
9月26日、横尾先生の伴奏による、声楽の柴田須美子さんのリサイタルを聴きに行きました。柴田さんの歌声に合うピアノの音色でとても美しい演奏でした。素敵なひととき、ほっこり気持ちになり癒されました。何事にも負けそうになっているときに聴く音楽はすごく前向きに気持ちをさせ、頑張れる力になり幸せな気持ちになりました。
横尾先生の奏でる音楽・・音色は自然に心に響き心に染み込んで栄養になる特別なものです。
土井萌乃ちゃん(中学3年生)とお母様

下部フレーム