レッスン楽器


上部フレーム

多摩ピアノの森


ブログ

レッスン開始です

投稿日:2019-08-23

長らくの夏休みでしたが、8/26よりレッスン開始いたします。

レッスン室の床工事が終わり、

25日には預けてあったピアノ2台が搬入されます。

ほんとにぎりぎり間に合いました。良かった良かった・・・

 

みんなに会えるのがとっても楽しみですぅ (*^。^*)

岩手 彩冬

投稿日:2019-07-27

あっという間に夏休みになりました。

この夏は事務所とお教室のリフォームで遠出はできそうにありません。

でも家が使いやすく綺麗になることはとても楽しみで、ワクワクです。

くるみ(犬)がきてからというもの、ほぼ一緒にいないときはない感じです。

幼犬なのでまだ分離不安が強く、激しく鳴いてしまいます。そもそも気管が

細いようなので、あまり鳴かせたくない。気管虚脱という病気になると

とても怖いのです。

あと5か月たてば、成犬なのでもう少し頑張りましょう。

小さな生き物なのでケアがとても大切です。

 

愛宕の防音室内では、私のくらーいブラームスを聴きながらすやすやと

眠ってくれます。激しいところではぴくっとなるけれど、ままピアノの音には

慣れてくれてよかったです。生徒さんのときには玄関に置いたハウスで

あきらめてスースーと待っています。

 

先日岩手県八幡平の彩冬に行ってきました。

前沢牛 あわび うになど美味三昧

素晴らしい宿。これまでのベスト3に入ります。

真心と気合がこもっていました!!!

ウォルナッツ 

投稿日:2019-06-02

発表会が終わり、その後どたばたの5月が過ぎました。

今回の発表会は10連休の最後の日とあって、皆さん

直前練習の成果により、とてもよい演奏をしてくれました。

本当にうれしく楽しい演奏会となりました。よかったー(*^^)v

 

さて5月のどたばたというのは、どちらも喜ばしいご報告なのですが

まず!!新しいピアノがきました。

「グロトリアン・シュタインベッヒ」    GP。

まあ一目ぼれですね。  クララ・シューマンが愛したピアノとして有名。

このグロトリアン社は、スタインウェイ社の前身親のような存在で

今もドイツで、伝統をまもった木の香りのする工房でピアノが

作られています。アメリカに渡ってニューヨークスタインウェイとして有名に

なったのですが、私はこの温もりのこもった音色のグロトリアンが大好きです。

シュタインベッヒはスタインウェイのドイツ語です。

ヤマハのピアノと比べるとヤマハのほうは、音そのものは直線的に

美しいのですが、グロトリアンは音同志が会話をしゆっくりと響きわたって

いくような感じがします。うたう音色ともいわれますが、この違いは

多分 木 だと思います。響板 本体の木の違いそしてアクションの違い

などによるものなのでしょう。 

本体の木はウォルナッツ(くるみの木)です。  さて

 

もう片方の ウォルナッツ くるみは・・・・

わんこです。生後3か月のタイニープードルが、家族の

仲間入りをしました。なまえが くるみ です。

沖縄生まれ、飛行機にひとり乗って恐い思いまでして

やってきてくれました。今はころころ元気に走り回ってます。

みんな愛宕に会いにきてくださいね。

 

ピアノがきたのが、5/24 くるみがきたのが5/26で

てんやわんや寝不足の月末なのでした。  ふ〜

アーカイブ

下部フレーム